音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:交響曲第5番 / パーヴォ・ヤルヴィ, チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 (2020 FLAC)

綺麗な音作りであることよ。と思ってよくよく考えてみたら、これ、トーンハレ管でした。綺麗なはずです。

ドラマティックなチャイコフスキーを、過剰な演出はなしにして物語を紡いでいく、そのバランス感覚の良さこそが、パーヴォ・ヤルヴィさんの真骨頂ではないかとね。

コテコテの演奏が好みであれば、パーヴォ・ヤルヴィの指揮は物足りなく感じてしまうのだろうけど。

その点において、自分とパーヴォさんとの相性は抜群なのですよ。コテコテよりもスポーティな演奏を好むらしいと言うことは、このところ徐々に気がつき始めているのでね。