音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

筒美京平SONG BOOK / V.A. (2021 FLAC)

参加したアーティストが総力を持って筒美京平作品に挑んだ意欲作。

どの曲もしっかりと原曲をリスペクトし、その上で楽曲が持つキモを見失うことなく、今の音に置き換えているあたり、非常に高い好感度が持てる。

無論、原曲が持つイメージは時代を経るとともに、耳の中に刻み込まれていったものであるからに、それを超える超えないと言う次元での話は意味のないこと。

大切なのはどのようなアレンジを加えられようが、いかなるシンガーがそれを歌おうと、筒美京平作品の芯の強さは一切損なわれないこと。

それを再認識させられる点においても、意味のあるトリビュート作品ではないかと。