音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

マーラー:交響曲第7番 / ヴァンスカ, ミネソタ管弦楽団 (2020 SACD)

柔らかく、水彩画のようなマーラー。これがヴァンスカとミネソタ管の音ですね。

ガツガツと鬼気迫るマーラーも格好いいのだけれども、このように流麗さ、エレガントさが勝るマーラーもよいじゃない。

「よし、マーラー聴くぞ」と無駄に肩に力が入ってしまうものではなく、リラックスして聴けるマーラーですよ、これは。