音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

あの歌-2- / 上白石萌音 (2021 48/24)

ミュージシャンの布陣的に、ここは「ダンデライオン~遅咲きのたんぽぽ」でしょう。

坂本真綾コネクション的な面々が集まっての演奏。ラストに向かって大きく盛り上がっていくスタイルや楽器の絡みは、坂本真綾のそれかよ!と思いつつも「萌音さん素敵だ…」と思わせるところが見事。

個人的には「いかれたBABY」を取り上げてくれたことも嬉しい。

この曲が持つ独特の消えてなくなりそうな切なさを、萌音さんの声で歌われるのが、また切ない。この曲を成仏させるのは非常に難しいことだと思っているのだけれども、そこもまた見事に天に昇らせてくれています。

見事見事、としか言ってませんね。だって見事なんだもの。

あの歌 -2- (通常盤)