音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

J.S.Bach : Christmas Oratorio / Rene Jacobs(2004)

あれ?

「クリスマス・オラトリオ」何の抵抗もなく普通に聴ける。これまで聴いてきた時は何となく難しく響いてきたのだけれども。苦手だった声楽曲にも耳が慣れてきたと言うことなのかな。それとも自分が歳を取ったということなのかしらん。

で。色々この曲にちなんだアーティクルを読んで勉強をしながら聴く。

そうか。バッハはバッハでも、僕の好きなコープマンによる解釈は非常に明解なのだね。聴いていて心が踊るようなバッハ。それ以外でのバッハというのはどことなく敬虔な印象があって、そこに違和感のようなものを覚えたに違いない。何となくではあるけれども、理解したような気がする。

バッハに敬虔さを感じることはある意味正解なのだな。