音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

coup d’Etat / Syrup 16g (2002)

リアルタイムで聴いているのだけれども、理解出来ずに放棄した作品だと記憶している。たまたま棚に並んでいるのを見て「今聴いたらどうなるんだろう?」と思って借りてきた次第。

で、結果。

うーん。これ、20年前なら相当に感化されていたと思う。作り手もそれくらいの年齢だったのではないかと。酸いや痛みを十分に味わってしまった今では、「あー、よくある内省的ロックだねぇ」としか言いようがない。熱狂的なファンを持っているバンドだけれども、自分はその熱の中には入れなかったということだな。

とりあえず、それを再確認出来ただけでも十分です。僕はいつの間にか真っ当な神経回路を持った大人になってしまいました。