音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Smiling〜THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA〜 / 槇原敬之 (1997 FLAC)

もうラウドネスウォーに入っている頃のベスト盤かな。それでも各種ベスト盤と比較試聴した感じで行くと、この辺が良心的なリマスタが施されているギリギリのラインかもしれない。これ以降のベスト盤になるとちょっと耳に辛い。この時代の槇原はそういう音作りじゃないはず。