音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:チェロ協奏曲,チェロのための室内楽作品集 / ゴーティエ・カピュソン, ベルナルト・ハイティンク, ヨーロッパ室内管弦楽団 (2019 CD-DA)

シューマンは少しでもウェットな演奏になってしまうと、途端に暗さを伴った音に聞こえてくるから不思議なもので。そういった演奏は自分の好みとは離れてしまう。ちょっと鬱々しい雰囲気になってしまうのだよね。

ところが、このアルバムで聴けるシューマンはカラッとドライ。だから音が明るく弾み、とても聴きやすい。もちろんシューマン独特の重さは失われずに保たれていて、その絶妙なバランスがなかなかいい夢世界へと連れて行ってくれた。

事実、半分寝てたんですが。