音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

今日だけの音楽 / 坂本真綾 (2019 ハイレゾ 96/24)

今年「なんかいいな」と思いながらも再生回数を重ねきれなかった1枚。寝落ちして後に布団に入り、目覚めたので、本格的に大晦日始動。何かをするわけでもないが。

さて。

菅野よう子の懐から飛び出してから、果敢に楽曲に挑み続けていた坂本真綾が、ここに来て楽曲との共存を図ることに成功したと思われる1枚。個性の強い楽曲たちに対して、坂本真綾が柔軟に溶け込んでいるのだよね。

楽曲毎の演じ分け方、切り替えがスムーズで、聴いていて妙に引っかかる要素がない。クエスチョンマークが一つも頭に浮かばない。

坂本真綾なりのバラエティ豊かなアルバムをここで確立させたと言い切っていいのでは。ようやく最初から最後まで聴き通せる違和感のないアルバムが出来上がったと自分は納得しております。シングル曲を収録させなかったことも勝因の一つかな。

彼女の作品を追うことを途中でギヴアップしなくて本当によかったよ。半ば諦めかけていた時期も正直あったので。