音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

How's it going? / 嵐 (2003 Amazon Music HD)

突然、自分の中に嵐が吹いた。

と言うことで、嵐の全アルバム聴きます。一気には聴きません。ランダムに聴きます。

初期のアルバムには耳を通していたのだけれども、もう20年近く前の話ですし、記憶にも残っていないので。

全アルバムがサブスクリプション配信対象になっているので、これを機に、ね。

まずはこの作品。これはリアルタイムで聴いています。おそらく「SMAPの二番煎じにもなれない」と酷評したはず。

今思えば、ねぇ。この「何でもあり」感こそが嵐じゃないかと、当時の自分を小一時間問い詰めたいですね。

全てのアルバムを聴いても、前述の何でもありこそが嵐、と言う結論に達するのは目に見えているのだけれども。

どこかやんちゃで、そして平和で、決して角が立つことのない楽曲が並ぶのが嵐のアルバムなのですよ。初っ端に結論付けてますが。何なら仮定としておきますか。この結論に至るための仮定。

とりあえずは、生ぬるい視線を保ちながら聴く予定。飽きてしまったら元も子もないので。

飽きたら何もなかったかのようにやめます、この企画。あまりアルバム単位で何かの新しい感想が出てくるとも思えないので。