音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

パンドラの小箱 +4 / 岩崎宏美 (1978/2019 SACD)

筒美京平全盛期の凄みを感じさせる1枚。これは本当に「凄み」としか言いようがないですよ。

特にアレンジメントにおいてはある時期から完全に手を引いているので、ここで聴ける実験性が高く、それでいて今ではなかなかこういったチャレンジをするアレンジはないだろうという編曲術が満載なところがこれまた。

1978年当時、まだ若手歌手だった岩崎宏美のトラックに、ツインドラムまで導入し、エキゾティックな楽曲や雰囲気を全身全霊で提供している、その職人魂を存分に楽しめる。

アレンジおよび演奏がまだまだ人力中心だった頃の、最後のピークにおける渾身の一撃。

タワレコオンラインの解説によると、バックメンバーは以下の通り。

坂本龍一(key)、林立夫(ds)、松原正樹(g)、後藤次利(b)、佐藤準 (key)、斉藤ノヴ(perc) etc,,,

このような面子が若手でギラギラしていた頃の演奏ですよ。そりゃ、凄みも出るわけだ。

リマスタの上SACDに収録されたことで、演奏の全てを立体的に捉えることができることも、この時代にこの音楽を聴ける僥倖とも言えるわけで。

まぁ、毎回同じようなことを書いてますが。本当に圧倒されるのだもの。