音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第5番 / フィリップ・ジョルダン, ウィーン交響楽団 (2020 FLAC)

朝の生活音に負けないクラシック音楽はベートーヴェンである。

弱音部がどこまでも長く続くことがほぼなく、今風に言うならば全体的にコンプがかかったスコアリングであるために、生活音に負けないのだと言うことに気がついた。

そしてこの快活な演奏、パキッとした演奏がこれまた朝にふさわしい。背筋が伸びますな。