音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / リヒテル, カラヤン, ウィーン交響楽団 (1962/2019 SACD)

クラシック音楽には癒しの効果がある。

などと語る切り口は、クラシック音楽の極々一面しか捉えていない。

クラシック音楽には癒やしもあるが、興奮させる要素もある。気分を覚醒させる側面もある。音楽は一端だけでは語ることは絶対に不可能。

軽い緊張が少しずつ自分の心の中に入り込んで来つつあると感じる晩に、リヒテルのチャイコフスキーを。

人を多分に高揚させるであろうこの楽曲を聴き、そこから自分の心の中にあるさざ波を落ち着かせる。

背反しているように見えて、それが自分にとっての、今の、この楽曲と演奏が持つ実態。

何かの効力を求めたわけではなく、音楽が心のそれを呼んだだけの話。