音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BEST ALBUM 2001-2003 / KICK THE CAN CREW (2003 FLAC)

キックをベスト盤で聴いたことはほとんど無かったように記憶している。

わずか3年間をシングル中心に凝縮したベスト盤ではあるけれども、その中身は非常に濃厚。何よりもキックはやはりどこか物悲しい感覚が常について回る感覚が好みだったのだと再認識した次第。

発見もあって。

20年も経っていて何を今さら感が強いのだけれども「クリスマス・イブRap」は名曲の丸々サンプリングと言う大技のとんでもない発明だったのだなとか、「sayonara sayonara」のリリックにおける自分の心への破壊力はあれから20年経っても強力だなとか。

そんなこんな、なんだかよく分からない一日はこれにて終了。明日からまた日々をリセットします。リセットしたい。

BEST ALBUM 2001-2003 (初回限定DVD付)