音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ドヴォルザーク:交響曲第8番 / イルジー・ビエロフラーヴェク, チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 (2013/2021 96/24)

今晩のクラシックタイムラストはドヴォルザークで。交響曲第8番。既に日は昇っていた。

ドヴォルザークは洗練からはやや遠い存在にあると見る人もいるけれども、そう言った次元での話ではないような気がしている。

おそらく、の話ではあるけれども、明快な旋律とその意味するところも分かりやすい点が、難しく捉えられがちなクラシック音楽からはやや遠い位置にプロットされる、と言うニュアンスなのかな、と。

自分は好きですけれどもね、ドヴォルザーク。前述のように分かりやすいのだもの。

Dvorak: Complete Symphonies &