音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

POP VIRUS / 星野源 (2018 FLAC)

ついに星野源に再び手を出しましたよ。

思えば何年も前の話、1stを聴いた僕は「あ、これは私の趣味じゃない」と斬り捨てて以降、ほとんどこの人の音楽には接していなかったのです。今回は気まぐれを起こしてみました。

と言うのも、DEPAPEPE&押尾コータローによるギターカバーアルバムでの「恋」のメロディがとても良かったからなんですよね。「あれ?星野源ってここまで面白いメロディを作れる人だったのか?」と。

せっかくならばアルバムになるのを待とうと思い、ようやくその機会が巡ってきた次第。

聴いてみると、実にシンプルな音作りにヒネリのきいたメロディとアレンジの応酬。ボーカルも以前の印象とは異なりしっかりとしていて、これならば聴ける、と一発で思わせるほどの完成度の高さを見せつけてくれましたよ。

星野源、実は進化に進化を重ねてここまできたのでは?と思わせるくらいにポップス中のポップスど真ん中。これは面白いガラパゴス現象的ポップスでしょう。なるほどこう言う音楽が売れる現状、そんなに捨てた物ではないなとも思わされたしね。これぞ自分にとっては思わぬ収穫物なのでありました。