音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第7番 / ヤルヴィ(パーヴォ), ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2006/2013 SACD)

タワレコオンラインを見ていたら、このSACDボックスの廉価盤が出るという。もうそれだけの年月が経過したのかと思いつつ、しばらく聴いていなかったと思い再生。

機動性の高さ、音の潔さ、明瞭さ。

どれを取ってもワンアンドオンリーな存在のベートーヴェンであることを再確認した次第。

やっぱりこのベートーヴェンは、クラシックに対する自分にとっての決定的なアイオープナーなのだよな。何年経過してもそのポジションと存在感は揺るがなかった。

これからも大事に聴き続けていこう。