音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

THE BOOK / YOASOBI (2021 FLAC)

YOASOBIが持つ楽曲の妙を楽しむにおいて、「夜に駆ける」はやはりその規範的な一例なのだと実感しながら聴いていた。

「妙」と言うのは音符を書くことよりも音をプロットすると言った言葉がふさわしいそのメロディの行き来と、先を読むことが難しい展開の複雑さ、そしてそれをそうであると感じさせない優れたポップスとしての作りの巧さに唸らされると言う意味合いを込めてのことなのです。

それにしても本当に今日日の楽曲は一曲における情報量がとんでもなく多く詰め込まれているのだな。そこに苦言を呈したいわけでは決してなく、それがJ-POPの時流なのだと感心しているのであります。

メインのリスナー層はこの情報量をどのように処理しながら聴いているのか、非常に興味深いものがありますよ。

THE BOOK (完全生産限定盤) (アンコールプレス盤)